>
>
脱毛機械の種類と効果の違い
ブログ

ブログ一覧

LIST OF BLOG

脱毛機械の種類と効果の違い

医療脱毛の脱毛器で最もポピュラーなのは「ダイオードレーザー」


医療脱毛は、資格を持った医師しか使用できない医療レーザーを使用します。
医療脱毛を行う脱毛器は幾つかありますが、その違いは搭載されているレーザーの違いによるものと言って良いでしょう。
どのレーザーを選ぶのかはクリニックにより違いますが、現在医療脱毛で使用されている機器は大きく分けて6種類となります。

・ダイオードレーザー
現在医療脱毛で使用されている脱毛器として最もポピュラーなレーザーです。
半導体を利用してメラニン色素に反応させるタイプで、他の脱毛器と比較して照射範囲が広いのが特徴です。
短い時間で効率良く施術が行えて、照射面が四角いので安定性もあり、打ち漏れが少なくより高い効果が出ます。
低刺激ですので、肌の色が比較的濃い日本人にとって肌への負担が少なく安全な脱毛器です。
医療脱毛の脱毛器で色黒な人や男性向けのレーザー


医療脱毛は女性だけではなく、男性の利用者も増えています。
ひとりひとりの肌質に合った脱毛器が開発されています。

・アレキサンドライトレーザー

脱毛器に冷却装置が搭載されていて、肌を冷却しながら照射することができます。
肌のケアができるだけではなく痛みを感じにくいというメリットがあるのです。
施術の際にはジェルを塗る必要がないので、ベタつきやひんやり感がなくて済みます。

・ロングパルスヤグレーザー

レーザーの波長が最も長く、より肌の奥まで熱が届きます。
剛毛の人のわきやVIOや、男性のヒゲなど毛質が濃い部位の医療脱毛により効果を発揮する脱毛器です。

・YAGレーザー

毛質が濃いムダ毛に適していて、日焼をしてしまって色黒な肌の人にも使用できます。
他のレーザーがメラニンに反応しすぎてしまい、日焼けをした人は医療脱毛ができないと言われていますが、この脱毛器なら施術できる可能性が高くなります。
医療脱毛の脱毛器で痛みが少なく、肌に優しいレーザー


医療脱毛というと「痛い」というのが一般的な意見です。
しかし最近では脱毛器の開発が進み、より痛みを感じにくい製品や肌への刺激を軽減させる製品も使用されています。

・ライトシェア・デュエット

他の脱毛器と比較して最も痛みが少なくなります。
吸引機能があり、皮膚を伸ばして薄くしてから照射をしますので、弱い出力でも効果的に毛根を破壊することができます。
照射レベルが低い分痛みを感じにくく、皮膚を伸ばすことで広範囲に照射できる為に、より施術時間を短縮できます。

・G-MAX

アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの2種類を搭載した脱毛器です。
まだ導入しているクリニックは少ないのですが、肌質への対応の幅が広くなります。
色黒な人や日焼けをした人でも使用できて、皮膚への刺激が少ないというメリットがあります。
剛毛で毛根が頑丈でも、皮膚が薄くてデリケートな部位でも照射が可能で、施術時間も短縮できるレーザーです。

ご予約、ご相談・各種お問い合わせはこちら

上に戻る