>
>
脱毛と日焼け~脱毛の豆知識~
ブログ

ブログ一覧

LIST OF BLOG

脱毛と日焼け~脱毛の豆知識~

医療脱毛を受けている間は日焼けは禁物


医療脱毛は、高い出力エネルギーの医療レーザーを使用するので、それだけメラニン色素への反応も強くなります。
日焼をしている人はやけど色素沈着の危険性があるので、施術ができないこともあります。
また、施術直後は肌が熱を帯びていて、非常に不安定な状態になっています。
そんな時に日焼けをしてしまうと肌への刺激が強くなり過ぎて、炎症を起こすこともあるのです。
更には医療脱毛を受けている肌は、熱により乾燥した状態になっています。
肌が乾燥した状態だと、日焼けをしてより乾燥させることで、肌トラブルの原因になり易いのです。
つまり、医療脱毛を受けている期間中は、常に日焼けに注意が必要、ということです。
海やプールに行った訳ではないから大丈夫、と思っていても、うっかり紫外線が強い日に長時間外出をした為に部分的に日焼けをしてしまい、施術を受けられなかった、というケースもあります。

 

医療脱毛が受けられないのはどの程度の日焼けか


医療脱毛が受けられないレベルの日焼とはどの程度なのでしょうか。
まずは、日焼けをすることで紫外線から肌を守ろうと、メラニン色素が生成されます。
医療脱毛で使用されるマシンで一般的なのは「アレキサンドライト」というレーザーです。
このレーザーの特性として、黒や茶色に最も良く反応します。
つまり、肌が日焼けしている状態だと、肌のメラニン色素全体に反応してしまい、やけどをする危険性が高いのです。
目安としては、医療脱毛を受ける2週間位前に日焼けしてしまった場合には施術を断られると思って良いでしょう。
また、日焼けの度合いによりその後の施術が変わってきますが、くっきりと跡が出る日焼けの場合は、3ヵ月間は施術ができないと考えておきましょう。
UVケアをしっかりとして、薄い日焼け程度ならば、1ヵ月位で施術が行えることもります。
医療脱毛を受ける前に日焼けをしてしまった場合の対処法


うっかり日焼けをしてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。
医療脱毛をしている部位に日焼けをしてしまった場合、安全面を考えると施術を受けない、或いは受けさせて貰えないというのが現状です。
但し、他の部位とのセットプランで契約している場合、日焼けをしていない他の部位に振り替えて貰える可能性もあります。
回数が決まっているプランの場合は繰り越して貰えないか相談してみた方が良いでしょう。
クリニックによっては日焼けをしていない部分だけ施術をしてくれる場合もありますが、当然効果の出方でバランスが悪くなることを考えて無理はしないのがおすすめです。
医療脱毛をしている間は日焼けに厳重注意することが基本ですが、日焼けをしてしまった場合には自分で勝手に判断せず、クリニックと相談して対応を決めることが大切です。

ご予約、ご相談・各種お問い合わせはこちら

上に戻る