>
>
まずは知っておきたい毛の構造
ブログ

ブログ一覧

LIST OF BLOG

まずは知っておきたい毛の構造

毛周期と脱毛間隔の関係


毛には毛周期というものがあります。
ムダ毛がぐんぐん伸びて成長している時期を成長期、成長が止まって毛乳頭と切り離されて抜け落ちていく時期を退行期、新たな毛を作り出すために力をためている時期を休止期と言います。
この一連のサイクルが毛周期で、部位によって毛周期が違っています。

腕や足などは毛周期が早くだいたい3ヶ月程度で、一番長いのは髪の毛で女性だと5年以上はかかります。
脱毛は毛乳頭などの毛の生成部にレーザーを当てないと効果がありませんから、毛と毛乳頭がつながっている成長期の毛にしか効果がありません。
また、肌表面に見えているムダ毛は全体の約2割から3割程度です。

つまり、毛周期の早い部位に合わせて定期的にレーザーで脱毛することで、効率よくムダ毛をなくしていけるというわけです。
全体の2、3割を全部脱毛してしまうには複数回数の脱毛が必要なので、定期的に脱毛に通う必要があります。

毛根を死滅させる医療レーザー脱毛


何となくムダ毛の構造や、どうして定期的に脱毛が必要なのかが解ってきたのではないでしょうか。
自己処理では毛乳頭や毛母細胞を死滅させる方法はなく、医療レーザー脱毛でしか効果は得られません。
そこで気になるのが脱毛サロンなどの光脱毛はどうなのかという点です。
結論から言うと、細胞や組織などを死滅させるのは医療行為に当たるので、医療レーザー脱毛でしか行うことは出来ません。

脱毛サロンなどの光はレーザーよりもかなり弱い照射力しかありませんから、ムダ毛を死滅させるほどの力は持っていません。
せいぜいダメージを与えるくらいで、大まかに言えば、レーザー脱毛は光脱毛の3倍から5倍くらいのパワーがあります。

そのため、パワーが弱く医療行為ではない光脱毛は美容脱毛と言われていて、減毛の効果しか得られません。

しっかりと毛根を死滅させられて効率よく脱毛できるのは医療レーザー脱毛となります。

ご予約、ご相談・各種お問い合わせはこちら

上に戻る