ブログ

一覧を見る

「まちこ皮膚科クリニック」美容皮膚科の特徴

  • 分かりやすい料金体系

  • 痛みの軽減を心がけた
    スペシャリストの施術

  • 先生もスタッフも全員女性

「美容医療」人気治療ランキング

1位

IPL(ICON)

IPL(Intense Pulsed Light)という光をお顔全体、または両頬に照射することで、シミ、小じわ、肌の質感やハリ、赤みなどのスキントラブルを改善します。
施術後はお化粧が可能なダウンタイムの少ない治療法です。従来のフォトフェイシャルと比べて、ジェルを必要とせず、高いクーリング効果とハイパワーで気になるシミと赤ら顔を同時に治療していきます。
月に1回のペースの施術です。イオン導入またはエレクトロポレーションの組み合わせがより効果的です。

2位

レーザーフェイシャル

当院では、ロングパルスのアレキサンドライトレーザーを使用して、冷却ガスを吹き付けながら
レーザーを照射するので、痛みが軽減されます。シミ、シワ、ニキビ、そばかす、肝斑、美肌、
毛穴、キメ、ハリ、くすみに使用します。レーザー照射により、真皮の再構築がおこるため、
月に1回継続的な治療で毛穴の目立たない陶器肌を目指します。イオン導入またはエレクトロポレーションの組み合わせがより効果的です。

3位

医療レーザー脱毛

当院では、痛みが少なく、国内初の薬事承認取得の新型の医療レーザー脱毛機器Gentle Lase Proを導入しています。
痛みがほとんどなく、短時間での施術で済みます。毛周期の関係から、部位により回数は変わりますが、
両脇脱毛の場合、月1回で3~5回で終了の方が多いようです。(個人差があります)最近はVIO脱毛を含めた全身脱毛が人気です。

4位 Qスイッチルビーレーザー

シミ、老人正色素斑、ほくろ、アザに主に使用します。メラニン治療に用いられ、非常に高いピークパワーを安定して照射できるように設計され、強力なエネルギーは皮膚の深部(真皮)に届き、1週間から10日間ほど、テープを貼った状態になるので、ダウンタイムがあります。テープの上からはお化粧ができます。はっきりとしたシミはこのレーザーが効果的ですが、エネルギーが強いため、炎症後色素沈着を起こしやすく、しみは取れたけど赤みが残る状態が3か月くらい続く場合があります。その3か月の間はしっかりと日焼け止めを塗ってもらいます。すると、炎症後色素沈着も落ち着き、しみが薄くなります。

5位 ケミカル・ソルトピーリング

ニキビ、シミ、にきび痕、毛穴、キメ、ハリに、グリコール酸やサリチル酸マクロゴールを使用するケミカルピーリングを行います。にきびはあまり、できないけれど、シミ、ニキビ跡の凹凸が気になる方は
ソルトピーリングが人気です。医療用のお塩を吹き付けて、その後ビタミンA,C,E,Kの入ったパック剤で超音波導入します。

ご挨拶 

2007年10月に開業してから、レーザーフェイシャル、医療脱毛、イオン導入を行ってまいりました。当クリニックのコンセプトである3つの美(内面の美・外面の美・美容皮膚)を目指して、クリニックスタッフ一同、皆さまにご満足いただける技術を提供できるよう心掛けております。
2016年9月から、まちこ皮膚科クリニックの美容皮膚科に、IPLとエレクトロポレーションが加わり、医療脱毛は通院しやすい価格に変更いたしました。
クリニックが地域の皆さまのお役に少しでもなれましたら幸いです。
まちこ皮膚科クリニック 院長

ご予約、ご相談・各種お問い合わせはこちら

上に戻る