>
>
肌を傷つけないムダ毛処理の方法とは?
ブログ

ブログ一覧

LIST OF BLOG

肌を傷つけないムダ毛処理の方法とは?

ムダ毛はカミソリ自己処理をするとお肌に刺激を与えてしまう


気になる部位のムダ毛は、自己処理をする人が殆どです。
脱毛サロンや医療脱毛をするとなると、何度も通う必要があり、忙しい人は都合をつけるのが大変です。
また、プロに脱毛をして貰うと料金がかかるということも理由です。
しかしカミソリで脱毛をすると、つい強く当てすぎてしまい、皮まで剥けてしまい炎症を起こす可能性があります。
特に脇の下のムダ毛は毛質が濃いので強めにカミソリを当てがちで、翌日に真っ赤になってしまった、という人もいるでしょう。
カミソリでの自己処理は、肌の表面を強く削るので、お肌に良くありません。
何度も肌に強い刺激を与えていると、段々と肌のメラニン色素が濃くなり、黒ずんできます。
脇の下が黒ずんでいると不潔に見えてしまい、見た目で損をしてしまいます。
また、カミソリでの自己処理では毛根をキレイに処理できません。
黒いブツブツが残ってしまったり、次に生えてきたムダ毛がより濃く見えてしまいます。

ムダ毛の処理の肌への負担を軽減するために


ムダ毛処理をした後の肌はデリケートになっているので、ムダ毛処理をした後はしっかり保湿をするようにするといいです。何もしないと、どんどん肌が乾燥するだけでなく、埋もれ毛の原因にもなることがありますので、「保湿」は忘れてはいけません。
また、ムダ毛処理の頻度ですが、頻度は少ないほうが肌への負担の回数も減らせて良いことはもちろんですので、目安として、2~5mm程伸びてから処理してみてはいかがでしょうか。

「ムダ毛処理」は肌への負担が大きい為、いかに肌へ負担が掛からないようにすることがポイントですので、肌への負担を減らす為にも、「剃る部分を最低限にする」「見えないところは剃る回数を減らす」などして、肌を休ませる期間を作るくらいが良いかもしれません。
また、このような処理をするのが大変とお考えの方や肌への負担を減らすために
お肌を傷つける心配も少なく、万が一の時に速やかに対応してくれるという安心感もある、医療脱毛を行っている方も多くいます。キレイになるためでなく、健康で美しいお肌を維持するために医療脱毛はいかがでしょうか。

ご予約、ご相談・各種お問い合わせはこちら

上に戻る