>
AGA(男性型脱毛症)
お悩み・症状

AGA(男性型脱毛症)

ANDROGENETIC ALOPECIA

AGAとは、「男性型脱毛症」のことを言い、「額の生え際の後退」「頭頂部の毛が薄くなる」などの症状が特徴。症状は20代から出てくる方もいらっしゃいます。
AGAの主な原因としては、遺伝や男性ホルモンの影響と考えられ、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、 5α-還元酵素によって、強い脱毛効果のあるジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変わると、ヘアサイクルに悪影響を与え、薄毛を引き起こします。AGAのその他の原因としては、食生活の乱れ、喫煙、睡眠不足、ストレスなどがあるといわれています。

治療方法

プロペシア・フィナステリド・ザガーロ

プロペシアは、抜け毛の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT) の生成を抑え、抜け毛を減らし、AGAの進行を防ぎます。フィナステリドはプロペシアのジェネリック医薬品です。
ザガーロはジヒドロテストステロン(DHT)の産生を阻害し、ヘアサイクルを正常に近づけることで、発毛を促進します。

治療手順

STEP 1 来院

特に予約は必要ありませんので、診療時間内に直接クリニックまでお越しください

STEP 2 診察

ご記入いただいた問診票を元に、皮膚科医が頭皮の状態を診察いたします。AGA以外の脱毛症との鑑別を行い正確に診断致します

STEP 3 処方

頭皮の状態に応じて内服薬等を処方いたします

STEP 4 次回来院日のご案内

継続的な内服治療をお勧めします

料金(税別)

プロペシア・フィナステリド・ザガーロ

薬名

容量

値段

プロペシア

28日分

7,800円

フィナステリド

28日分

6,300円

ザガーロ

30日分

8,300円

※掲載している料金は全て税抜き価格です。

Q&A

発毛しない人もいるのですか?

90%の人で、抜け毛の進行を抑える効果、あるいは改善効果が認められていますが、10%程度の人は抜け毛が進行してしまいます。よって、「100%発毛する」とは言えません。

どのくらいで効き始めますか?

治療の効果としては、抜け毛が少なくなったかが内服し始めて3ヶ月の目安になり、その後、発毛のみられる方が多いです。その判断には6ヶ月の服用が必要です。

どのくらい抜け毛があるとAGAになるのでしょうか?

髪の毛は約10万本あるといわれ、健康な人でも毎日50~100本は自然に抜け落ちます。明らかに抜け毛や軟毛が増えた場合はまず医療機関で相談されてみることをお薦めします。

薄毛が改善したら服用をやめてもいいですか?

服用をやめると、薬の効果がなくなり、再び薄毛が進行します。

プロペシアは、健康保険が適用になりますか? 

健康保険は適用されません。全額自己負担になります。

プロペシアはいつ飲むのがいいですか? 

食事の影響を受けませんので、いつでも服用できます。ポイントとして、忘れずに服用するために毎日決まった時間帯に服用することをお勧めします。

副作用はありますか?

主な副作用は胃部不快感、性欲減退、勃起機能不全などがありますが、大部分の症例で投与継続可能でした。また服用を中止すると回復しました。まれに、全身倦怠感などの肝機能障害の症状があらわれる可能性がありますが、このような場合は、使用をやめて、すぐに医師の診察を受けてください。

ご予約、ご相談・各種お問い合わせはこちら

上に戻る