>
女性型脱毛症
お悩み・症状

女性型脱毛症

FEMALE AGA

女性型脱毛症は、「FAGA」とも言われております。女性の脱毛症には様々なタイプがあります。ご自身のタイプを把握した上で適切な治療を行い、太くてツヤのある髪を目指しましょう。

脱毛症のタイプ

びまん性脱毛症

30代後半から中年以降の女性に多く、女性の薄毛・抜け毛で最も多いタイプとなっています。男性型脱毛症のように特定部分が薄くなることはなく、頭皮全体が徐々に薄くなり自覚しにくい。髪の毛が細くなり思い通りの髪型にならなくなったときは危険信号であり早めに医療機関を受診して頂くことをおすすめします。

分娩後脱毛症

産後一時的に髪が抜けることがあります。多くは半年程度で回復します。

円形脱毛症

局所的に円形の脱毛が急に発症します。

治療方法

パントガー(Pantogar)

女性の薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症)や抜け毛を改善し、発毛を促す「内服薬(飲み薬)」として発明された治療薬です。

他 ノボフェンシャンプー・ノボフェンローション

治療手順

STEP 1 来院

特に予約は必要ありませんので、診療時間内に直接クリニックまでお越しください

STEP 2 診察

ご記入いただいた問診票を元に、皮膚科医が頭皮の状態を診察いたします

STEP 3 処方

頭皮の状態に応じて治療薬を処方いたします

STEP 4 次回来院日のご案内

継続的な内服治療をお勧めします

料金(税別)

パントガー・ノボフェンシャンプー・ノボフェンローション

薬名

容量

値段

パントガー

30日分

12,000円

ノボフェンシャンプー

1個

3,300円

ノボフェンローション

1個

3,500円

※掲載している料金は全て税抜き価格です。

Q&A

女性の脱毛症の原因はなんですか?

色々な原因が考えられますが、ストレスなどによる血行不良・更年期障害などによるホルモンバランスの乱れが原因となっていることが多いとされています。その他にも毛染め、パーマやシャンプーなどによる頭皮のトラブルが原因となることもあります。

女性でも男性型脱毛症(AGA)は発症しますか?

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変わり、脱毛を促進しています。女性でも体内で少量のテストステロンは存在する為、ジヒドロテストステロンが生成される可能性はあり、閉経後はこのホルモンを抑制している女性ホルモンの分泌が減少するためジヒドロテストステロンによる脱毛が起こる可能性もあると考えられています。

ご予約、ご相談・各種お問い合わせはこちら

上に戻る